Wall Street News de 学ぶビジネス英語)アメリカ製造業の急回復!

2021.02.23 

こんにちは!

ビジネス英語トレーナーの小林真美です。

ビジネスパーソンに役立つ初めてのビジネス英語・無料教材 (文法基礎が復習できる)はこちらからブルーハーツ

 

今回からはしばらくWall Street Jounalからの、経済・株式ニュースから解説しています。

 

ネットで本当に便利になったもので、割と最近まで(でもないか?)Wall Street は結構お金出してたまに買ってたのを思い出します。

 

英語ニュースは、馴染みの少ない政治や社会問題系より、ビジネスパーソンなら想像のつく経済や企業ニュースの方が読みやすかったりしますよ。

 

 【News in English】 

 

Many manufacturers pulled out the playbook they followed in past recessions, cutting costs and preserving cash. That left them unprepared for the sharp rebound in consumer demand that began just weeks later and never let up.

(参考記事: Wall Street Journal)

 

 【日本語訳】(題意をとった意訳) 

 

多くの製造業者は、過去の不況で従ったガイドランを参照し、コストを削減して、現金を守ってきました。 そのため、わずか数週間後に始まった、(弱まったままではいなかった)消費者需要の急激な回復に対する準備ができていませんでした。

 

 【Key Words】 

 

playbook  = ガイドライン、作戦帳

 

preserve  =  守る、失わないようにする

 

sharp rebound =  急激な回復

 

let up =  弱まる、やむ

 

 【今日のKey Wordsをつかったビジネスシーンで使える例文】 

 

We should refer to our playbook whenever we have an issue.
問題が発生した場合は、ガイドラインを参照すべきです。

 

Our company works hard to preserve our natural environment.
当社は自然環境の保全に努めています

 

We expect a sharp rebound in profits this year.
今年は利益の急回復を見込んでいます。

 

ご紹介した”rebund”は”リバウンド”としてカタカナ英語にもなっていますね。ダイエットのリバウンドなど、あまり良いイメージがないかもしれませんが、ビジネスシーンでは”急激な回復”といったポジティブな意味でよく使われます。覚えておくと便利です!

 

消費の急激な回復は喜ばしいです。 明るいニュースが続くといいですね。

 

英語のビジネスニュースを読む時、日ごろのビジネスシーンで使える表現がないか、意識してください。 すぐに使えそうな例文を考えてみるのがポイントです!!

 

 

Biz英語塾はビジネス英語トレーナーの小林真美による英語塾です。
オンラインでの個別指導レッスンを中心に、オンライン教材の提供、不定期に少人数ワークショップを東京(もしくはオンライン)で開催しています。

 

Stay healthy and be positive!

SHARE
シェアする
[addtoany]

体験レッスンの
お問い合わせ


オンライン・全国対応

体験レッスン